SSブログ

救急車が来た [春の庭]


Sponsored Link



IMGP4089.JPG

慢性疲労症候群は
中枢神経と免疫の
複合的な失調症です

IMGP4095.JPG

気温の変動の大きい春と秋に発症しますが
春の方が深刻です
日常の些細な労働で発症し
いつまでも回復しないばかりか
日ごとに重症化します

IMGP4101.JPG

また免疫も弱くなるので
感染症になれば
回復は普段よりも遅れます
重症化もしやすいです

IMGP4027.JPG

気を付けていたのに
今年は風邪をひき
微熱の上下がいつまでもいつまでもいつまでも続きました

IMGP4292.JPG


そうした状態でしたが
以前から約束していた友人と食事に
出かけていきました


料理もお飲み物もおいしいし
倦怠感もなく動悸もしない

もう回復した
そう思った矢先
視界が白くぼやけ

気が付くと救急隊員がいました
数分 失神していたようです

IMGP4293.JPG

食事をとると血液が胃に集まるので
血圧が下がりすぎないよう自律神経が調節するのですが
慢性疲労症候群 発症時の自律神経は
そんなに仕事しなかったようです
もう大丈夫ですと答えたものの
顔色が悪いから病院へ行った方がいいと救急隊員の言葉で
思いもかけない展開に

周囲には何事が起きたのかわかりませんから
適切な判断ですね


IMGP4267.JPG

一過性の低血圧で
救急車の中での測定では80-50ぐらいだったようです

IMGP4299.JPG

病院では心電図を取り
異状なし 帰宅してよし となりました

毎年 慢性疲労症候群には陥りますが
食後低血圧は未経験だったので
こんなことになるとは
思ってもいませんでした

付き添ってくれた友人には心配やら迷惑をかけて
申し訳ない限りです

IMGP4300.JPG

ドタキャンしたら迷惑だからと無理して出かけて行って
逆に迷惑になったし
思わぬ出費でした

IMGP4301.JPG

これからは無理をしないことにしましょう
Sponsored Link


nice!(111)  コメント(28)